So-net無料ブログ作成
検索選択

『唾液力アップ』が健康のカギ [快適のタネ]

カイテキな暮らしのための 快適のタネ・第34話

『唾液力アップ』が健康のカギ!?
~~~~~~~~~~~~~~~~


突然ですが、人の身体に関するクイズです!
--------------------------------------
【問題】
1日に唾液はどのくらい出るでしょうか?

A.500ml
B.1000ml
C.1500ml

--------------------------------------

正解は・・・



【C.1500ml】
です!

個人差はありますが、
なんと、500mlのペットボトルで
3本分も出ているんです。

「つば」や「よだれ」と言うと
あまり良いイメージのない唾液ですが、
これだけたくさん分泌されるのは、
身体に必要なものだからです。


「唾液力」が低下し、唾液が少なくなると、
身体のいたるところに影響が出てきます。
まずは、唾液の持つ健康パワーを紹介しましょう!



=====================================
     唾液に秘められた健康パワー
=====================================


唾液には非常に多くの役割があるのですが、
ここでは代表的な3つのパワーについて
ご説明します。

【1】抗菌パワー
^^^^^^^^^^^^^^^

唾液には約10種類もの
抗菌物質が含まれています。
普段、口には食べ物や空気を通じて
多くの病原菌が入ってきます。
唾液の力によって、
この病原菌が体内に入ることを防いでいるのです。

【2】粘膜保護パワー
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

唾液に含まれる「ムチン」という物質には
粘膜を保護する作用があります。
ムチンは刺激物や熱い食べ物から
口の粘膜を保護するだけではなく、
胃の粘膜を胃酸から防ぐ働きもしています。
唾液が不足することは、
胃炎の原因となってしまうこともあるのです。

【3】細胞修復パワー
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
粘膜を守るだけではなく、
傷ついた細胞を修復する作用も
唾液にはあります。
ケガをした時に「なめれば治る」というのは
あながち間違いでもないのです。
(唾液には雑菌も含まれているので、
  実際にはなめて治そうとせずに
  きちんと治療をしてくださいね)
この細胞修復パワーは全身に影響し、
脳細胞の修復によるアルツハイマー病の
改善効果も期待されています。

その他にも、消化を助けたり、
虫歯を予防したりと、
唾液は幅広く活躍をしています。
「唾液力」が低下すると、
様々な病気や身体の不調を
引き起こしてしまうおそれがあるのです。



=====================================
     唾液じんわりマッサージ
=====================================


乾燥、口呼吸、ストレスなど、
様々な原因によって「唾液力」が低下し、
唾液の量が減ってしまいます。
そんな時には、ちょっと刺激するだけで
じんわりと唾液が出てくる、
「唾液じんわりマッサージ」を
試してみてください!


~簡単に唾液が出てくる! 唾液じんわりマッサージ~

人の身体には唾液の分泌を促す
「唾液腺」というものが3箇所にあります。



【1】耳下腺(じかせん)
 ・・・耳たぶの下あたりにあります。

【2】顎下腺(がっかせん)
 ・・・アゴの「エラ」とアゴの先の間にあります。
【3】舌下腺(ぜっかせん)
 ・・・舌の付け根のあたりにあります。

これらの唾液腺を、10秒ずつ、
ぐるぐると指で回して刺激してみましょう。
じんわりと唾液が出てくることがわかるはずです。
※舌下腺のマッサージをするには、
  アゴの下を押して舌の付け根を刺激します。


また、口に空気をためて、
痛いくらいに思いっきり膨らますだけでも、
耳下腺が刺激されて唾液が出てきます。



緊張をすると口が乾いてしまいがちなので、
大事な場面の前には、深呼吸をすると同時に
口を膨らませて唾液の分泌を促しましょう。


唾液が少なくなると、健康を損なうだけではなく
口臭が強くなってしまうこともあります。
「唾液じんわりマッサージ」で
唾液力をアップさせて、
快適な日々をお過ごしください(´▽`*)/



それでは今回はここまで。


⇒ 心の中の不安は、書き出して掻き出す
⇒ 快適のタネ・第3話
⇒ 紅珠漢100円モニター TOPへ


【PR】
日本一のオリゴ糖







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

心の中の不安は、書き出して掻き出す [快適のタネ]

カイテキな暮らしのための 快適のタネ・第33話

心の中の不安は、書き出して掻き出す!?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


早いもので、11月も半ばとなりました。
「師走」が近づくにつれ、
お仕事が忙しくなる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
また、お仕事以外でも、
クリスマスや年越しなどイベントに向けた準備は
年々早まる傾向にあるので、
そろそろ年始年末を意識して行動し始めている方も
いらっしゃると思います。

↑ちなみに北の快適工房では
既にクリスマスツリーを飾っています!


そのように忙しくなってくると、
ふとした時に頭をよぎるのが
先に待ち受けることへの「不安」です。


「仕事が無事に終わらなかったらどうしよう」
「来年の受験に合格できるかな…」


などなど、取り越し苦労をしても
仕方ないと頭でわかってはいながらも、
心の中にモヤモヤと溜まっている不安は
なかなか拭い去れないものです。


でも、楽しみなことも多い年末なのですから、
不安を捨てて、ワクワクした気持ちで
迎えたいですよね(・∀・)!
今回はそんな不安を解消するための
方法をご紹介しましょう!



=====================================
   紙に書き出して不安を掻き出す!?
=====================================


「書き出して掻き出す」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ただのダジャレのようですが、
そんなことはないんです。


「どうしよう、どうしよう」
と心の中にわだかまっている不安な気持ちは、
一度外に出してあげることで
とても軽くなってきます。


実際に、こんな実験結果があります。


進学がかかった試験を受ける学生を対象として、
試験開始10分前に「試験に関して不安なこと」を
書き出してもらいました。
大切な試験前なので、
そんなことをしているよりも
少しでも多く最後の詰め込みをしたいはずです。
それでも、不安を書き出してからテストに臨んだ学生は
事前テストに比べて10%も点数が向上したのです。


一方、比較対象として、
一部の学生には「試験とは関係のないこと」を
書き出してもらったところ、
そちらの学生には点数の向上が見られませんでした。

心に抱えている不安を
紙に“書き出す”ことで“掻き出す”ことができ、
本来の力を発揮できたのです。

自分の心の中というのは、
実は自分ではよくわからないものです。

なんとなく不安に感じていることでも
紙に書き出して眺めてみることで、

「何に対して不安に思っているのか」
「何が原因で不安が生じているのか」
ということがハッキリとわかってきます。


また、悩み事を人に相談している内に
「あ、こうすればいいんだ」
と、自分で解決してしまったことはないでしょうか?


書くことは話すことと同様に
脳を活性化させ、情報を整理させるので、
書いている内に解決策が浮かんでくることもあるはずです。


人の心と身体は密接に関係しています。
心に不安を抱えていると、
お腹が痛くなったり、
眠れなくなってしまったりと、
身体にも悪い影響が出てきます。

書き出すことで不安を掻き出して、
快適な日々をお過ごしください(´▽`*)/



それでは今回はここまで。


⇒ “考えるポーズ”でアイディアがひらめく
⇒ 快適のタネ・第3話
⇒ 紅珠漢100円モニター TOPへ


【PR】
日本一のオリゴ糖






心の中の不安は、書き出して掻き出す
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

“考えるポーズ”でアイディアがひらめく!? [快適のタネ]

カイテキな暮らしのための 快適のタネ・第32話

“考えるポーズ”でアイディアがひらめく!?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


皆様は何かを考える時、
どんなポーズをとりますか?
考えるポーズといえば、
ロダンの「考える人」が有名ですね。

実際に、あのようにアゴに手を当てて
考え事をする人も少なくはないはずです。

その他にも、腕組みをしたり、
頭の後ろで両手を組んだりと、
人それぞれ、様々なクセがあると思います。


実は、このような「考えるポーズ」には、
頭を働かせ、アイディアを出すための
メカニズムが隠されているんです!
知らず知らずのうちにやっている、
考えるポーズのひらめきパワーについて
ご説明しましょう♪



=====================================
     アゴに手を当てると脳が働く!?
=====================================


まずは、「考える人」のような、
アゴに手を当てるポーズについて説明しますね。

アゴに手を当てるのは、
首の筋肉が疲れている証拠です。

以前の快適のタネでもご紹介したように、 ボウリングの玉と同じくらいの重さがある 頭を支えている首の筋肉は、 実はとても疲れやすいのです。 首の筋肉が疲れて固まってくると、 どんどん血流が悪くなってきます。 首は頭と体をつなげている箇所なので、 その血流が悪くなると、脳が酸欠状態となり、 頭が働かなくなってきます。 それを解消するために、 アゴに手を当てることで頭の重さを受け止め、 首の筋肉を休めているのです。 普段、何気なくアゴに手を当てている方は、 手を当てたままアゴの位置や向きを微調整して、 首が最も楽になるようにしてみてください。 休まった首の筋肉に血が通い、 じわーっと温まってくることがわかるはずです。 そうすると、脳に酸素が行き届き、 頭が冴えてきます。 =====================================     腕組みをするとリラックスできる!? ===================================== 次に、腕組みをするポーズについてです。 人は考え事をしていると、 自ずと前かがみになって呼吸が浅くなり、 胸の筋肉や骨が緊張してきます。 過度な緊張状態や呼吸が浅い状態が続くと、 やはり頭が働かなくなってきます。 腕組みをすることで、この胸の緊張がほぐれ、 リラックスをすることができるのです。 そして、腕組みをする時には、 「ふーっ」と大きく息を吐く人が多いはずです。 一度大きく息を吐くことによって、 その後に大きく息を吸い込むことができるので、 呼吸が浅い状態も解消されます。 ==========================================  頭の後ろで手を組むとアイディアが湧き出る!? ========================================== 最後に、頭の後ろで両手を組むポーズについて説明しましょう。 実はこのポーズ、 アゴに手を当てることと腕を組むことの 「いいとこ取り」となっています。 まず、両手に頭の重みを預けることで、 首の筋肉が休まり、血流が良くなります。 そして、両肘を大きく開くことで、 胸の緊張がほぐれるのです。 また、頭の後ろで手を組む時には 自然と顔が上に向くと思います。 この時、視線も上に向けるようにしましょう。 人間の脳は姿勢に大きく影響されるので、 上向きでいるとポジティブになり、 下向きでいるとネガティブになってしまうのです。 考え事をしていると、つい下を向いて 「うーん」と唸ってしまいがちですが、 上を向いてみることで、考えの「視点」も 変わってくるはずですよ。 何気なくポーズをとっているよりも、 「よし、この考えるポーズをとっているから、   頭がどんどん働いてくるはずだ!」 と、メカニズムをわかっている方が 実際にアイディアもひらめきやすくなります。 自分に合った「考えるポーズ」で 頭をしっかりと働かせて、 快適な日々をお過ごしださい(´▽`*)/ それでは今回はここまで。 ⇒ 3時間以上のうつむきに要注意~健気な首をいたわろう~ ⇒ 快適のタネ・第3話 ⇒ 紅珠漢100円モニター TOPへ
【PR】 ★日本一のオリゴ糖 ・ ・ ・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。