So-net無料ブログ作成

10分ルールで休みボケを撃退する! [快適のタネ]

快適のタネ・第21話


【10分ルール】で休みボケを撃退する!



お盆休みが終わり、
今週からお仕事を再開された方も多いでしょうか。

皆様、【休みボケ】はされていませんか?

ついつい、「お休みモード」が抜け切らずに
朝なかなか起きられなかったり、
仕事に集中できなかったり、
夜更かしをしてしまったり・・・
ということはないでしょうか?


いくら「しっかりしなきゃ!」と思っても、
そう簡単には頭も身体も切り替わりません。

そんな時は、人間のもつ【体内時計】を利用して、
うまく自分をコントロールしましょう!


これまでも体内時計や体内リズムについては
何度かご紹介をしてきましたが、
朝目覚めてから夜寝るまでなど、
1日全体の中での話が中心でした。

実は、人間の体内では、
もっと細かい時間を刻んでいるんです!


今回は、休みボケに有効な
【90分ルール】
 と
【10分ルール】

をご紹介しましょう(´▽`*)/




=====================================
仕事のスケジュールは90分ルールで決める!
=====================================


仕事に取り組む時には、
90分単位でやることを切り替えると、
効率良く進んでいきます。

「90分単位で切り替わる」
と聞いて、何か思い浮かぶことがあるでしょうか。


おそらく、【睡眠のリズム】が有名だと思います。

人間は寝ている間、
浅い眠りである「レム睡眠」と
深い眠りである「ノンレム睡眠」を
繰り返しています。


この繰り返しの周期が約90分なのです。


そのため、眠りについてから
90分の倍数の時間で起きると、
ちょうどレム睡眠に切り替わる時間なので
スッキリと目覚めることができます。


この周期は、寝ている時だけのものではありません。



人の身体は基本的に90分のリズムを刻んでいるので、
………………………………………………………………
何かひとつのことに取り組むには
………………………………………………………………
90分単位で取り組むと区切りが良いのです。
………………………………………………………………



逆に言うと、90分以上続けようとしても
集中力が持続しません。


映画の上映時間がわかりやすい例です。
最近は長時間化の傾向がありますが、
子ども向けの映画は大半が90分前後となっています。

これは、人間が本来集中していられる時間が
90分だからです。



つまり、

仕事のスケジュールも同様に90分を一区切り
として組み立てると、集中しながら進めていけるのです。



=====================================
   気が乗らない時は10分ルールで!
=====================================


90分単位でスケジュールを組んでみたところで、
いざ「やろう」と思っても気が乗らないことも
あるかと思います。
特に休みボケ状態の頭だと、
仕事に手をつけるのが億劫に感じてしまいがちです。

そんな時は、まず
10分だけ手を動かしてみましょう!



人間は基本的に10分間で
…………………………………………
自分が置かれた環境に慣れ始めます。
…………………………………………


例えば、独特のニオイがする部屋に入った時、
はじめは気になっていたニオイも
10分経てば気にならなくなっています。



それと同様に、
はじめは「めんどくさい」と感じていた作業でも、
とりあえず10分間やってみることで
気がつくと「めんどくささ」にも慣れ、
その後もずっと仕事を続けられるのです。

もちろん、いきなり本腰を入れて
仕事に取り掛かろうとすると、10分も持ちません。

はじめは準備体操として、
「仕事をしているフリ」程度でも大丈夫です。

ひとまず、他のことはせずに、
身体の動きだけは仕事をしている時と
同じ動作をしましょう。

例えば、無意味にキーボードを打ってみたり、
ノートにひたすら字を書いたり、
ということでもかまいません。

そうやって、
10分間身体を慣らすことで、
自然と気分もノッてきます(´▽`*)/



=====================================
     10分ルール ~応用編~
=====================================


10分ルールの応用編として、
二度寝の防止策をご紹介します!


「10分経つと続けられる」

ということは、逆に言うと、

「10分以内であれば持続しない」

ということです。


朝、一度目が覚めてもまぶたが重く、
どうしても二度寝をしたいという場合は、
目覚ましを10分以内にセットします。

10分以上経つと身体が慣れて
再び深い眠りについてしまいますが、
10分以内であれば起きられます。

また、素直に10分ルールを活用して、
「とりあえず10分間立ち続けてみる」
というのも良いでしょう。


よほど自分に厳しい人でない限り、
自分の行動をコントロールするのは
難しいものです。
かと言って、惰性で生活をしていると、
いろいろと後悔することも多くなります。

休みボケの状態でいると、
自分も周りも良い気持ちはしませんよね。


そんな時には、
人間本来の体内時計が持つリズムに注目して、
自分をコントロールするコツをつかみましょう!

【90分ルール】と【10分ルール】で、
快適な日々をお過ごしください(´▽`*)/



◆ ◆ ◆ ◆ ◆



長年、冷え性や便秘に悩んでおり、
最近は疲れやすく朝の目覚めもイマイチだったのですが、
続けているうちにどんどん実感するようになりました。

始めた頃は、朝に2錠飲んでおり、
正直、効果を感じにくく諦めようかと思っていました。

ですが、北の快適工房サポートの方より、
夜に2錠にしてみて下さいとのアドバイスを頂き
飲むタイミングを変えたところ、
その日から調子がどんどん良くなりました。

人それぞれにあったアドバイスは、
日々のお客様の声を大切にされている会社だからこそ
なのではないでしょうか?

  \ 詳細はコチラ! /
『紅珠漢100円モニター』はこちら



とても感動致しました。

これからも、末永くよろしくお願い致します。



それでは今回はここまで。


⇒ かみ合わせの悪さが万病の元
⇒ 紅珠漢100円モニター TOPへ


【PR】
日本一のオリゴ糖







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。